脱毛は結婚前がオススメです

出産後半年ほどたったとき、地域で主催された赤ちゃん教室に行きました。そのとき、ふと隣同士でお喋りしているママさんの腕に目がいきました。

よくよく見るとムダ毛がフサフサ!指の毛まで気になってしまいまるで男性のようでした。ホルモンの関係もあるのでしょうか。

stockfoto_40972495_XSしかし、思えば自分もムダ毛のことなんかここ1年忘れていて、腕やふくらはぎは同じような状態でした。出産前は妊婦だから、冷えないよう素肌は露出していなかったですし、産後は赤ちゃんの世話ばかりで自分のボディケアにまで手がまわらず、あー脱毛しておけば良かったと思いました。

以前、会社の同僚と雑談しているときに、結婚前にやっておいたほうがいいことは脱毛だと言う話をしたことを思い出し、本当だったなーと思いました。

脱毛は、頻繁にかよわなければいけないですし、お金もある程度かかりますが、結婚したり赤ちゃんが生まれるとなかなかそういったことはできません。

また、出産前は少しムダ毛が気になったらすぐにシェーバーで処理ができました。

しかし、子供に合わせた生活の中では後回しになってしまい、余計に脱毛しておけば自分で処理する時間がかからなくてラクだったなと思いました。仕方がないので、せめて夏の間は自己処理をしっかりして、女として恥ずかしくないようにキープしようと思います。

脇脱毛をしたいと思った理由

私が一番悩んでいた脇のムダ毛。

ずっと脱毛したいと思っていたのは自己処理による黒ずみが酷かったことと、処理が面倒だったこと、ノースリーブが着れない事でした。

stockfoto_83572846_XSしかし、脱毛したいと思っていてもエステに通うということがなかなか最初は抵抗があり踏み出せずにいました。そんな時に、友達が一緒に行かないかと誘ってくれたことがきっかけで脱毛しにエステに通うことになりました。当時はまだ永久脱毛が普及し始めたくらいで価格も今とは違い1万という高値でしたが、永久脱毛だからと思い契約しました。

通い始めて正直なところ脱毛した後、数週間は毛が減った感じがして効果があったように思っていましたが次の施術までには元通りになっていて気が遠くなるのを感じていました。

数回通っているうちに脱毛機が変わり、その機械の導入後からはだんだん毛が少なくなっていきました。

完全になくなる前に、妊娠をしてしまい通うことを諦めなくてはいけなくなりましたが、今でもエステに通う前のような毛量にはなっておらず黒ずみも自己処理が減ったことで薄くなり、脱毛をしに通って結果的によかったです。

授乳が終わったらまた通いたいと思っています。

脱毛は背中を油断する傾向があります

脱毛したいと思うに至った経緯

私が脱毛したいと思った理由は大きく分けて2つあります。

まず1つ目は学生の時にしていた部活が大きな大会に参加するもので格好がレオタードでした。足もVIラインもなかなか毛がある私にはとても苦痛なものでした。

考える女性足はまだいいとしてVIラインは毎回ジョリッと切れてしまわないように細心の注意を払った自己処理で大変でした。こんなに大変なのだから早いところVIラインだけでも脱毛してしまいたいと思いましたが学生なのでその時は叶わず、仕方ないのでカミソリによる自己処理ではなく、電動シェーバーを購入し対応してました。

2つ目は彼氏の女友達に、あれ?髭剃ってるの?と言われたことです。手足だけでなく口、鼻下もなかなか毛深い私は顔も剃ってます。

しかしうっかり剃り忘れたのか割としっかりした髭が生えてしまってました。彼氏の前で赤面です。
これを機に絶対に口、鼻下は脱毛してやると思いました。

しかし、これもまたまだ学生時代でお金の関係で叶わず、社会人になってから足、VIライン、口鼻下の脱毛をすることにしました。

お雛様を片付けることができない

3月3日は桃の節句、ひな祭りでした。
我が家にも私のお雛様、長女のお人形、二女の木目込み雛があります。
子どもたちのリクエストもあり、今年は結構早くから出して飾っていました。
ひなまつり当日はちらしずしを作り、あられを食べ、ケーキも食べ、歌を歌い、楽しく過ごしました。
あれから1週間・・・。
我が家のお雛様は、まだ目の前にあります。
本来ならば、押し入れに片付けられていなければならないお雛様。
早くしまわないと、娘たちがお嫁に行き遅れてしまう。
分かっています。
だけど、なんだかすっきりしないお天気が続いているのです。
雨の日にかたづけてしまうと、なんだかカビてしまいそうな気がして、できません。
朝からすっきり晴れてくれればいいものを、午前中は曇っていて、午後からなんとなく晴れ間が見えてくる。
そんな気まぐれが多い、今日この頃のお天気です。
というのは言い訳であって、本当はいつまでも娘たちにそばにいてほしいだけの私かもしれません。
朝からスッキリ晴れたら片付けます!